よくいただく質問

鼻について

よくいただくご質問

医師、当院スタッフが患者さまからよくいただくご質問とその回答をカテゴリー別に纏めました。
当院のご利用前、ご利用中に関わらずご参考にしていただければ幸いです。

鼻づまりの時はプールを避けた方が良いでしょうか?

先ず、急性中耳炎、慢性中耳炎で膿が出ている人、耳鼻咽喉科で鼓膜にまだ赤味があるといわれている人は絶対にやめてください。

 

外耳炎、鼓膜炎などでまだ痛みがあり、炎症が残っている人もダメです。問題なのが、滲出性中耳炎・耳管狭窄症の人です。

 

中耳に浸出液が溜まったり、耳管の機能が悪い場合です。昔は、この疾患の人は、プールは絶対ダメという時代がありましたが、近年では状態によってプールにはいっても良いという方向です。かかりつけの耳鼻科医と相談して下さい。

 

余談ですが、耳抜きがうまくできない人は、スキューバーダイビングをしない方がよいでしょう。中耳炎で、鼓膜にアナが開いていても、炎症が治まっているようであればプールに入っても結構です。

しかし、可能であれば耳栓やスイミングキャップを着用してください。

鼻についてのその他のご質問
よくいただくご質問のカテゴリーTOPへ移動します。
耳について
鼻について
のどについて
その他
当院の取り組み
患者様に質の高い医療を提供する為の取り組みを紹介致します。
主な疾患と治療例
患者様の症状による検査方法と治療について解説しています。
主な耳の疾患と治療例
主な鼻の疾患と治療例
主なのどの疾患と治療例
ページトップ