主な疾患と治療例

耳の病気

主な疾患と治療例

急性中耳炎

体に現れる
症状の一例
  • 耳痛
  • 耳が詰まった感じがする
  • 耳が聞こえにくくなった
  • 耳だれが出る
  • 不機嫌になる(幼児) など

疾患・病気の概要

急性中耳炎は、鼓膜の奥にある中耳腔に細菌感染をきたして膿が溜まる病気です。


  • 正常な状態

  • 急性中耳炎に罹った状態

治療方法

抗生剤の投与などの薬物治療を行いますが、鼓膜の腫れが強かったり痛みが強い場合は鼓膜切開を行います。

主な治療は抗生物質の内服

鼓膜の腫れが酷い場合はレーザーによる鼓膜切開を行います。
当院では鼓膜切開専用の炭酸ガスレーザーを使用して鼓膜切開を行います。レーザーでの鼓膜切開は直接鼓膜に触れることがないので、痛みがきわめて少ないことや誤って内耳を傷つけにくいことが特徴です。また、中耳炎の治癒が早いところも大きな特徴だといえます。

レーザによる切開を行った鼓膜。

慢性中耳炎

体に現れる
症状の一例
  • 耳が聞こえにくくなった
  • ときどき耳だれが出る など

疾患・病気の概要

鼓膜に穴があいた状態が続く症状です。痛みを感じることはあまりありませんが、症状が長期化すると難治性の難聴になる場合があります。


  • 正常な状態

  • 患部の状態

  • 術後1ヶ月の状態

  • 術後1年の状態

治療方法

耳だれについては、抗生物質の服用や点耳薬用います。
穴を閉鎖するには、日帰りのできる鼓膜形成手術を行います。

抗生物質の内服や点耳薬を使用します。

痛みをあまり感じないとはいえ、放置しておくと、内耳にまで影響が及びます。そのため、鼓膜閉鎖手術をおすすめします。レーザーによる形成手術は、日帰りでの施術が可能です。ぜひ、ご相談ください。

滲出(しんしゅつ)性中耳炎

体に現れる
症状の一例
  • 耳が聞こえにくくなった
  • 耳がつまった感じがする
  • 音に反応しない ことばの発達が遅い(乳幼児) など

疾患・病気の概要

滲出性中耳炎とは、中耳腔に滲出液(水)が貯まった状態で痛みはありませんが、聞こえが悪くなる病気です。鼻の状態が悪いことが原因になるケースが多く見られます。痛みがないので発見が遅れることがあり、特にお子様が滲出性中耳炎に罹ると言葉の発達にも悪影響を及ぼすので、検査と治療はしっかりと行う様にした方が良いでしょう。

治療方法

鼻の病気の治療や鼓膜切開を行い、滲出液を除去します。繰り返し、症状が出る方は、鼓膜にチューブを留置し中耳腔の気圧が下がらないようにする方法もあります。

レーザーによる鼓膜切開を行い、滲出液を除去。または、チューブを挿入します。


  • レーザによる切開を行った鼓膜

  • 2mm程のチューブを挿入し、中耳腔内の気圧が下がらない状態にします。

真珠腫性中耳炎

疾患・病気の概要

耳の周囲の骨が溶けていく中耳炎です。

治療方法

CTスキャンなどで早期に発見して、大学病院など設備の整った病院での手術を勧めます。

外耳道炎

疾患・病気の概要

耳の穴の炎症です。

治療方法

抗生物質の投与や消毒を行います。

突発性難聴

疾患・病気の概要

突然発症する、内耳の障がいが引き起こす高度な難聴です。

治療方法

ステロイドを中心とした内服治療を行います。

その他の体の部位の症状や病名、治療法については以下のボタンよりリンクを辿って下さい。
耳の病気
鼻の病気
のどの病気
当院の取り組み
患者様に質の高い医療を提供する為の取り組みを紹介致します。
主な疾患と治療例
患者様の症状による検査方法と治療について解説しています。
主な耳の疾患と治療例
主な鼻の疾患と治療例
主なのどの疾患と治療例
ページトップ