主な疾患と治療例

鼻の病気

主な疾患と治療例

アレルギー性鼻炎

体に現れる
症状の一例
  • 鼻づまり
  • 鼻水(水ばな)
  • くしゃみ など

疾患・病気の概要

アレルギー性鼻炎は、免疫性の病気で抗原が鼻の粘膜にくっついて、アレルギー反応を起こす病気です。原因(抗原)は、ハウスダストやダニ、カビなど多岐に渡ります。慢性的な病気ですので、根気よく治療を続けていく必要があります。

治療方法

治療の前に、抗原を突き止めることが必要です。抗アレルギー剤や点鼻薬などの薬物療法で症状を軽くすることができます。また、体質を変える滅感作療法という治療方法もあります。

当院では鼻の粘膜をレーザーで焼灼しアレルギー反応を抑える方法(レーザー治療)や鼻の粘膜下の組織だけを焼灼して鼻づまりを改善する手術療法(下甲介粘膜下焼灼術)も行っています。

celon ENTによる下甲介粘膜下焼灼手術を行います。

また、弊院では治療法としてアレルゲン免疫療法も行っています。
アレルゲン免疫療法は、減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因である「アレルゲン」を少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。

アレルギー症状を治す可能性のある治療法と考えられています。
アレルギー症状のある疾患のうち、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などに対してこの治療法が行われています。

鳥居薬品のアレルゲン免疫療法専用サイト

副鼻腔炎

体に現れる
症状の一例
  • 風邪のような症状が続く
  • 頭が重たい
  • のどの違和感
  • 青鼻が出る
  • 頬部痛 など

疾患・病気の概要

副鼻腔炎は副鼻腔(顔面骨の空洞)に細菌感染を引き起こす病気です。炎症を起こすと長期化してしまいます。炎症性の分泌液が鼻腔に排泄され、咽喉頭に炎症性分泌液が痰として貼り付き咽喉頭の刺激症状が続きます。

治療方法

治療は基本的に抗生物質などの薬物治療が主体ですが、症状に応じて膿を排出する処置を行う場合もあります。

    【慢性副鼻腔炎の治療例(マクロライト抗生剤少量長期投与)】

  • 治療前

  • 治療から3ヶ月経過

  • 治療から6ヶ月経過
その他の体の部位の症状や病名、治療法については以下のボタンよりリンクを辿って下さい。
耳の病気
鼻の病気
のどの病気
当院の取り組み
患者様に質の高い医療を提供する為の取り組みを紹介致します。
主な疾患と治療例
患者様の症状による検査方法と治療について解説しています。
主な耳の疾患と治療例
主な鼻の疾患と治療例
主なのどの疾患と治療例
ページトップ